香水うんちく

元来、香水は宗教的な用途や薬用のものであったが、現在では、楽しみやたしなみとして用いられている。

香料をアルコールに香料を溶かして作られる。

現在では無数のメーカー、ブランドがある。

東洋人がもともと欧米に比較して体臭の少ない為か香水の使用量は未だ欧米ほどにはなってはいない。

日本の製品もあるが、殆どの人気香水は海外から輸入されている。

装飾品同様、定番のブランドがある一方で、新商品、季節限定商品が市場で注目されることも多い。

女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。

香水は付けた人間の体臭と混ざり合った香りが認識されるので、液体の香りそのものからは身に付けた際の香りを知ることはできない。

肌の酸性度、水分量、皮脂量が各人異なり、皮膚を構成するタンパク質の末端のアミノ酸も違うので同じ香水を付けても香りに個人差がでる。

またその香りも時間がたつにつれて変化する。

その変化のしかたや早さは、香水の濃度や種類によってさまざまである。

揮発性を利用することから、一般的には体温の高い脈打つ場所につけるのが効果的。

特にひじの内側につけると皮膚温が高く、動作のある為、効率よく揮発する。

また香りの変化や持ち・目的に合わせてつける場所も変えるべきで。

耳の後ろや首筋などの鼻に近い場所につけると強く、鼻から遠い場所につけると香りが弱く感じられる。

またハンカチや衣服につける場合もあるが製品によりよるシミができることがあるので注意が必要となる。

はじめての香水

はじめての香水はできるだけ軽めで万人に受けると言われている香りのものを選ぶといいと思います。

よく、ファースト・フレグランスにはプチ・サンボン石鹸の香りもしくはレモンの香りって言われるがいいと言われていますが、別に自分の好きな香りならなんでも構いません。

ただ香水初心者の方は大抵、いわゆる香水の香りっていうものにまだ余り慣れていない方が多いので、お菓子系の甘い香りのものや花(薔薇やジャスミンは結構好き嫌いがあったりする)の香りのもの。

もしくは石鹸やシャンプーに香りが似ているものなどから始めるといいと思います。

濃度は、最初のうちからいきなりパルファンを買う人は少ないと思いますが、できるだけ低いほうがいいと思います。

私は1番最初はオーデコロやコロンで600円くらいでなどから初めてもいいと思います。

まだ自分の好のみの香りがよく分からないって人は、香水売り場で売り場の方に

「香水初めてつけるんですけどおすすめのものありますか。できれば甘い、シトラス系など香りのものがいいんですけど」

と聞けば大抵の場合親切に教えてくれます。

でも大抵の場合プチ・サンボンを勧められることが多いです。

香水のつけかた

香水のビンを最初に開けたときのかぐわしい香りはだれでも胸のときめきをおぼえますよね。

しかし、香水のつけ方で、せっかくの匂いが変わってきてしまうこともありますので注意が必要です

香水は、汗の匂いと混ざり合うとその香りがかわります。

体につけるときは、まず、汗ばんでないとき、シャワーから出たてのときなど、お肌がきれいな体臭の無いときにつけたほうがよいようです。

よく、フランス人はお風呂に入らないから香水をつけるのだ、といわれますが、私たち日本人でも清潔な入浴直後の状態でつけたいものです。

いちばんのベストタイミングは、香らせたい20分から30分前がちょうど良いといわれています。

トップノートより、ミドルノートが香るくらいの時間に合わせてつけておくとよいことになります。

強くこすりつけたりしないのがポイントです。

つけ方のポイントは、パルファン(香水)は点、オー・ド・パルファンは線、オー・デ・コロンは面で、お肌を湿らせる程度につけるとよいとおもいます。

つけ方としては、わきの下などの汗をかきやすいところは成るたけ避けましょう。

ひじの内側は、体温が高く、良い感じで揮発します。体温の高い、大きな血管のあるところが、本来の香りが良く出るといいます。

また、体温の低い耳たぶは、あまり効果が出ません、耳の後ろや、首筋につけるのは大変効果的です。

また、肌にじかにつけるときは、直射日光の日焼けで、しみにならないように注意しましょう。

匂いが強い目の香水のつけ方としては、足首や、ひざの裏などの下半身につけると、香りが下から上に蒸発し、まろやかになっていきます。

また空中に噴霧して軽く浴びるという方法も良い方法です。

香水のつけ方は、あくまでも上品に、ほんのりと匂うが身上で、プンプン・・・・は頂けません。

デートや、バカンス、オフィス、ディナー、そしてくつろぎの時と、いろんな場や時に応じてつけ方もつかい分けて、そのときそのときを楽しみましょうね。

香水のつけすぎは逆効果だ!ということは是非覚えておきましょう。

自分の感じている以上に周りには匂いが飛んでいくものなのです。