フェロモン入り香水

フェロモンは「同じ種類の生物間でしか作用しない物質」ですので、ヒトに効果があるのはヒトのフェロモンだけ。

異性を強烈に惹きつけるとうたわれたフェロモン入り香水は、ムスク・アンバー・シベットなど今までにもたくさんありまた効きそうな匂いですが、これらはジョコウジカなどの動物からとったフェロモンであり、その後の研究で「ジャコウジカ」には効いても人には何等かの性的影響は全く与えないことが判明しています。

本当に効き目のあるヒトフェロモンだけを配合したフェロモン香水は

  • どうしても恋人ができなくて悩んでいる方
  • 最近、恋人と別れて寂しく新しい恋人を捜している方
  • 真剣に結婚したいと考えている方
  • 異性と気軽にお話ができない方
  • 異性のお友達をたくさん作りたい方
  • 現在セックスレスでお悩みの方

このような方に効果がある筈ですので、是非フェロモン香水をお試し下さい。

使い方は簡単。

お手元に香水がない場合、水と混ぜ合わせ香水を入れる容器(アトマイザー)に入れれば、即席香水のできあがりです。

しかしヒトフェロモンは、アルコールに対してはよく溶けますが、水に対しては溶けにくいため、香水と混ぜてご使用頂く方が、より効果が期待できます。

香水の秘密

香水の秘密をバラしちゃいましょう。では、いいですか?香水の歴史は数千年にもさかのぼります。

英語の香水「perfume」はラテン語の「per fume」つまり「煙を通して」という言葉が起源です。香水の最初の形式はお香でした。また、そのお香は約4,000年前にメソポタミア住民によって最初に発見されました。エジプト人が最初に香水を自分たちの文化に取り入れました。

香水の最も古い使い方の1つは宗教的な儀式でお香を燃やすことと、アロマの薬草を燃やしたことです。これは木から集められたアロマのゴムや乳香、没薬(もつやく)から来ていると言われています。古代人は、しばしば香木と樹脂を水と油につけて、液体で彼らの体をこすりました。また、古代人はこれらの香水で死者をミイラにしました。

有機化学の進歩で、香水などの人工香料製品は、19世紀後半に最初に生産されました。そして、たくさんの新しい香水が市場に出回りました。

フランス、プロバンスのグラースは、香水産業のために花と薬草のための中心になりました。同じ地域で革を扱っていた人たちは自分たちがあまりにもひどい臭いをしていたので、自分たちの体や革に香水を使いました。そうして、彼らは植物の本質を作ることに関して博識になったので、初期の香水チェッカーになりました。香水が本当に大量生産されたのは20世紀からです。その前の方法で、存在した少ない商号が親しみやすい匂いで軽い香水を作っていたCoty and Yardleyでした。

香水はおよそ78%から95%の特性が奪われたエチルアルコールとエッセンシャルオイルの残りから作られています。科学による進歩で人につける香水やオーデコロンはすぐに市場に出回りました。これらの香水は異性をひきつける効果が証明された科学的に作られたフェロモンが凝縮されたものです。ちょうど動物が他のものを引き付けるのににおいを使用するように、人間には性的魅力を高めるための強力な感覚を持っています。

人の香水を作る際に、異性をすぐにひきつけるように意図された匂いを作るエッセンシャルオイルに純粋なフェロモンが加えられます。香水会社の中には99.99%の純粋な試薬グレード製品を使用して、信じられないほど強力な性的なアトラクションを作成するように意図されたAndrostenoneとAndrostenolフェロモンの両方の組み合わせを含むものもあります。

しかしながら、香水は異性をひきつけるだけのものではありません。男性がシナモンとバニラの匂いに愛を感じるという研究結果もあります。シナモンは性欲促進薬であると信じられていました。ですから、女性の方はデートの前には男性を引き付けるためにシナモンロールを焼いてみるか、または単にシナモンのバニラの香料入りの香水をつけてください。

一方、女性は甘草(かんぞう)の匂いにひきつけられます。ですから、男性の方はデートの前には甘草(かんぞう)のキャンディをなめてください。